ここから本文です

まるでマイケル・ジャクソン? リーグ1表彰式に登場したFWデパイの服装が話題に

5/16(火) 17:41配信

ISM

 現地時間15日に発表されたフランス・リーグ1のシーズンアワードで、ベストゴール賞に輝いたリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ。表彰式に出席した同選手の服装が話題になっていると、現地時間15日に英タブロイド『ザ・サン』紙(電子版)が伝えている。

 冬の移籍市場で、マンチェスターU(イングランド)からリヨンへ加入したデパイ。移籍後、フランスの地で15試合で5ゴールを記録している同選手は、3月のトゥールーズ戦で、ハーフウェイライン付近からロングシュートを決めた。試合後、「前半からGKが前に出ているのが、頭の片隅残っていたんだ」「『チャンスだ!』と思ってシュートを打った。ゴールに入ったか見えなかったけど、ファンが熱狂しているのが聞こえたよ」と、スーパーゴールを振り返っていた。このゴールが今季のリーグ1最優秀ゴールに選出され、同選手は表彰式に出席した。

 その式典に現れたデパイの服装が話題となっている。同選手は、黒地に金の柄をあしらったジャケットに黒のパンツと蝶ネクタイ姿で登場。『ザ・サン』は、「マイケル・ジャクソンのようだ」と、2009年に亡くなった世界的なスーパースターと比較している。

 なお、デパイの母国の代表OBフランク・デブール氏は、少し前に「若手選手は自分の格好を気にする前に、ピッチ上でのパフォーマンスに集中すべきだ」と、最近の若手選手に苦言を呈していた。

最終更新:5/16(火) 17:41
ISM