ここから本文です

大学発ベンチャー、10%が東大

SankeiBiz 5/17(水) 8:15配信

 大学の研究成果をもとに設立された「大学発ベンチャー企業」のうち、約10%が東京大学発であることが、帝国データバンクの「大学発ベンチャー企業の実態調査」でわかった。同社が持つ企業概要データベースをもとに集計した858社のうち、東大発が93社で最も多く、次いで東北大(43社)、大阪大(42社)、京都大(38社)、九州大(35社)と旧帝大系の国立大学が上位を占めている。私立大学では慶應義塾大の26社が最多だった。

 業種別では、ソフトウエアや医療関連などのサービス業が411社で最も多く、以下、製造業(292社)、卸売業(120社)と続く。ただ、損益状況をみると、研究開発費の投資が先行するケースが多く、設立5年未満の約6割が赤字に陥っている。

最終更新:5/17(水) 8:15

SankeiBiz