ここから本文です

Apple、「iTunes 12.6.1 for Windows」「iCloud for Windows 6.2.1」を公開

Impress Watch 5/16(火) 9:35配信

 米Apple Inc.は15日(現地時間)、「iTunes 12.6.1 for Windows」および「iCloud for Windows 6.2.1」を公開した。いずれもWindows 7以降に影響する脆弱性を修正したセキュリティアップデートとなっている。

 同社が公開したセキュリティ情報によると、「iTunes」では“WebKit”に存在したメモリ破損の脆弱性(CVE-2017-6984)が修正された。細工が施されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行されてしまう恐れがあるという。また、「iCloud」でもメモリ破損の脆弱性が1件修正されている(CVE-2017-2530)。

 Windows版「iTunes」および「iCloud for Windows」はWindows 7以降に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロード可能。すでにインストール済みの場合は「Apple Software Update」を利用してアップデートすることもできる。

ソフトウェア情報「iTunes」Windows版【著作権者】Apple Inc.【対応OS】64bit版を含むWindows 7以降【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】12.6.1(17/05/15)「iCloud for Windows」【著作権者】Apple Inc.【対応OS】64bit版を含むWindows 7以降【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】6.2.1(17/05/15)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:5/16(火) 9:35

Impress Watch