ここから本文です

フェデラーが全仏テニス欠場発表 ウィンブルドン優先か

朝日新聞デジタル 5/16(火) 10:18配信

 テニスの4大大会で男子歴代1位の優勝回数18度を誇るロジャー・フェデラー(35)=スイス=は15日、28日開幕の4大大会今季第2戦、全仏オープン(パリ)を欠場すると公式サイトで発表した。2年連続の欠場。「ツアーでこの先何年もプレーするには、クレーコートシーズンは出場せず、芝とハードコートのシーズンに向けて準備するのが最善と判断した」と説明した。

 昨年はけががちだったフェデラーは現在、世界ランキング5位。今季は全豪オープンの優勝で5年ぶりに4大大会を制するなど19勝1敗と、往年の強さがよみがえっている。

 2009年に全仏を1度制したフェデラーだが、長いラリー戦の攻防になることが多く、身体への負担が大きいクレーを回避し、歴代1位タイの7度の優勝を誇る芝のウィンブルドン選手権を優先したと考えられる。(パリ=稲垣康介)

朝日新聞社

最終更新:5/16(火) 11:20

朝日新聞デジタル