ここから本文です

【オークス】リスグラシュー待望の適舞台 矢作師が常々「オークス向き」

デイリースポーツ 5/16(火) 6:06配信

 「オークス・G1」(21日、東京)

 待ちに待った適舞台だ。早くから矢作師が「オークス向き」と評価していたリスグラシューは、前走の桜花賞で2着に好走。Vには届かなかったものの、昨年から後じんを拝してきた2歳女王ソウルスターリングに先着し、借りを返した。

 1週前は栗東坂路で4F52秒2-38秒0-12秒8をマーク。着実に仕上げを進めている。武豊は「東京変わりはいいし、距離も問題ない。チャンスはある」と意欲満々。決め手を生かして樫の冠奪取といく。

最終更新:5/16(火) 8:04

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ