ここから本文です

神田沙也加、結婚のウラに聖子の親心 あえて姿を見せなかったワケ

夕刊フジ 5/16(火) 16:56配信

 13日、東京都内で結婚パーティーを開いた歌手で女優、神田沙也加(30)と俳優、村田充(39)。親交のある関係者が集まったが、そこに母で歌手の松田聖子(55)の姿はなかった。母娘の確執がささやかれる一方、“雪解け”を伝える報道も。果たして聖子の親心とは。

 13日開かれたパーティーは仲間内だけのもので、松田だけでなく、父の俳優、神田正輝(66)も出席しなかった。とはいえ、沙也加がブログで公表したハワイでの挙式には、父親はしっかり参列している。

 沙也加は、父とはスリーショットを公表しており、その親密さをアピールするも、母には報告もしていないと報じられてきた。このため、母娘間の確執がささやかれているほどだ。

 しかし発売中の「女性セブン」は、先月中旬に東京都内のレストランで、母娘がにこやかに食事をとっていたと伝えている。ここで、沙也加は松田に結婚を報告していたというのだ。さらには沙也加の知人の言葉として、ふたりで買い物などにも行くようになったとしている。

 「一時期、沙也加が聖子さんから距離をとっていたことは事実ですが、最近はそこまでの確執はないとのこと。それはやはり、沙也加が『アナと雪の女王』などで声優やミュージカル俳優として一本立ちしたことが大きいようです」と演劇関係者は明かす。

 現在、松田は3月に発売したジャズアルバムが米国でも発売されたばかり。そのプロモーションで日本と米国を何度も往復しており、かなり多忙だという。

 「沙也加が事務所を独立したことも不仲説に拍車をかけていますが、新しい事務所も結局はグループ会社。聖子さんの庇護下にある。しかし、沙也加さんの独り立ちを支援しようと“聖子色”を消すため、あえて聖子さんが距離をとるという親心です。沙也加の結婚でも話題を奪わないようにコメントを控えているようです」と音楽関係者。

 それでも結局、話題の中心になってしまうのが松田聖子のようだ。

最終更新:5/16(火) 16:56

夕刊フジ