ここから本文です

トランプ大統領、ロシア外相に機密漏洩か 米紙報道

朝日新聞デジタル 5/16(火) 10:44配信

 米紙ワシントン・ポストなど米メディアは15日、トランプ大統領が先週あったロシアのラブロフ外相らとの会談の際、過激派組織「イスラム国」(IS)を巡る機密情報を漏らしたと伝えた。

 ワシントン・ポストは複数の政府高官の話として、情報は同盟国から寄せられたもので、米政府内でも共有範囲は非常に限られていた「最高機密レベル」だったと報じた。ロシア側に情報を提供することについて同盟国に承諾を得ておらず、同盟関係を損なう可能性もあるという。

 会談は10日にホワイトハウスであった。トランプ氏が漏らした情報の詳細は不明だが、トランプ氏は会談でISが支配する地域の地名をあげて具体的な脅威について語ったという。同紙は同盟国の情報収集能力や、情報源が危険にさらされる可能性があるとしている。米政府高官は「ロシアは情報源と技術を特定できるだろう」としている。

朝日新聞社

最終更新:5/16(火) 13:56

朝日新聞デジタル