ここから本文です

<鼻紙写楽>“幻のマンガ家”の新シリーズが「ビッグコミック増刊」で連載開始

まんたんウェブ 5/17(水) 0:00配信

 2016年に手塚治虫文化賞と日本漫画家協会賞の大賞にも選ばれた一ノ関圭さんの歌舞伎と浮世絵を題材にしたマンガ「鼻紙写楽」の新シリーズの連載が、17日発売の「ビッグコミック増刊」(小学館)6月号でスタートした。

【写真】手塚治虫文化賞の受賞作は… 美しい絵も話題に

 「鼻紙写楽」は、「茶箱広重」「裸のお百」「らんぷの下」などで知られ、寡作なため“幻のマンガ家”とも呼ばれる一ノ関さんのマンガで、2003~09年に「ビッグコミック増刊」で不定期連載された。

 新シリーズは、1772年が舞台で、歌舞伎の瀬川菊之丞がテーマとなっている。

最終更新:5/17(水) 0:00

まんたんウェブ