ここから本文です

スタバのハイクラス店舗「リザーブ・コーヒー・バー」 バンクーバーに進出

みんなの経済新聞ネットワーク 5/16(火) 11:41配信

 バンクーバー進出30周年を3月に迎えたばかりのスターバックスコーヒー・カナダ社は5月9日、バンクーバー初の「スターバックス・リザーブ・コーヒー・バー」(2980 main St. Vancouver)をオープンした。(バンクーバー経済新聞)

 レストランが多く立ち並ぶメインストリートにオープンした同店。通常の店舗と違い店名は黒で表示。約3000スクエアフィートの広い店内は高い天井にレンガの壁とオーク材のインテリアでまとめ、落ち着いた雰囲気を演出する。

 同店では、同社が扱うコーヒー豆の中でも希少な種類のみの「リザーブ」シリーズの豆を使う。抽出方法は好みに応じて「サイホン」「ブラックイーグル」「クローバー」「プア・オーバー」から選べる仕組み。通常よりも時間がかかり、従来の商品と比べて値段も数ドル高くなるが、同社広報担当者は「目の前でバリスタが丁寧に入れる質の高いコーヒーを楽しんでもらえる」と自信を見せる。
 
 サイホンやドリッパー、窒素ガスを使用したナイトロ・コールドブリューコーヒー用のドラフトタップを備えた広いカウンター席では、作業する様子を見ながらバリスタとコミュニケーションを取ることもできる。
 
 「リザーブ」コーヒーはグランデ=4カナダドル~、「ナイトロ・コールドブリュー」はグランデ=5.50カナダドル。バニラアイスクリームにコーヒーをそそぐ「House Affogato」(6.50カナダドル)、「Iced Hazelnut Bianco Latte」(5.50カナダドル)などコーヒー以外にも同店舗のみのメニューを提供する。

 営業時間は月曜~金曜=5時~22時30分、土曜=6時~22時30分、日曜=6時~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/16(火) 11:41

みんなの経済新聞ネットワーク