ここから本文です

ミスUSA、コロンビア特別区代表の科学者に栄冠 発言に批判も

ロイター 5/16(火) 9:46配信

[ラスベガス 14日 ロイター] - 今年のミスUSAを決める最終選考会が14日、ネバダ州ラスベガスで開かれ、コロンビア特別区代表のカーラ・マカラーさん(25)が栄冠に輝いた。2年連続で米国の首都ワシントンの代表が選ばれた。

マカラーさんは米原子力規制委員会(NRC)に勤務する科学者。3人が残った最終選考で、ヘルスケアは「権利」かと質問され、手頃なヘルスケアは職業を持つ者の「特権」と答え、ツイッターなどで批判も巻き起こった。

また、自らはフェミニストではなく「平等主義」を好むとし、「女性は、特に職場においては男性と同等であるに過ぎない」と述べた。

2位にはニュージャージー州代表のチャハビ・バーグさんが選ばれた。

マカラーさんは、ミス・ユニバース世界大会に米国代表として出場する。

最終更新:5/16(火) 9:46

ロイター