ここから本文です

エプソン、タッチ液晶で操作できるネットワーク対応ドキュメントスキャナ

Impress Watch 5/16(火) 11:00配信

 エプソンは、タッチパネル付きの液晶で操作できるネットワーク対応のドキュメントスキャナ「DS-780N」を25日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は7万円台後半の見込み。

 現行の「DS-530」と「DS-860」の中間に位置するモデル。タッチパネルを備え、PCを操作することなく各種スキャンが行なえる。また、有線LANネットワークに標準で対応し、受付カウンターといったPCから離れた場所での利用に公的としている。

 また、心電図といった最大6mまでの用紙に対応する「長尺スキャン」、しわの入った原稿を慎重にスキャンする「低速モード」、ラベルや付箋紙が貼付された用紙の重送エラー検知を無視して読み込める「重送検知スキップ機能」などを備え、医療をはじめとする業務利用に好適としている。

 給紙ローラーを大型化し、紙との接触面積を増やすことで、シワの入った伝票などの読み取りも問題なく行なえるとしている。片面45枚/分、両面90面/分の高速性や、100万スキャンに耐える高耐久性も特徴としている。

 認証機能「Document Capture Pro Server Authentication Edition」に対応。システム管理者がこの機能を使うことで、個人認証と紐付いたスキャン送信先を指定でき、タッチパネルで容易にスキャン操作が完結できるとしている。また、付属ソフト「Document Capture Pro」がVer 2.0へとアップデートされ、UIを洗練したことでより容易/直感的に操作できるようになった。

【15時訂正】記事初出時、認証機能についてアプリ開発者が使うとしておりましたが、正しくはシステム管理者でした。お詫びして訂正します。

 対応用紙の最大サイズはA4で、最薄は27g/平方m、最厚は413g/平方m。ADF給紙枚数は普通紙で100枚、名刺で30枚、はがきで40枚、封筒/キャリアシートで10枚などとなっている。インターフェイスはUSB 3.0とGigabit Ethernet。タッチパネルは光学式で、液晶サイズは2.7型。

 本体サイズは296×212×217mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.7kg。

PC Watch,劉 尭

最終更新:5/16(火) 15:07

Impress Watch