ここから本文です

「京都大廻り」84キロ×100日間歩く修行

毎日放送 5/16(火) 11:57配信

毎日放送

 比叡山延暦寺の荒行「千日回峰行」に挑む僧侶が、京都の市街地で締めくくりの修行に挑んでいます。

 京都の街を白装束姿で歩くのは、延暦寺の僧侶・釜堀浩元当行満阿闍梨(42)です。釜堀さんは2011年に延暦寺に伝わる荒行「千日回峰行」に入り、険しい山道を歩いたり、断食をしたりするなどの過酷な修行を経て、現在は千日の行の締めくくりとなる「京都大廻り」の行に挑んでいます。京都の街に降り、寺や神社を礼拝しながら毎日84キロを100日間歩き続けます。道中ではご利益をいただこうと多くの人が手を合わせ、頭に数珠を乗せてもらっていました。

 「自分らができないことをしてはるので、それにすごいなと思う」(男性)

 「京都大廻り」は7月5日まで続きます。

毎日放送

最終更新:5/16(火) 12:25

毎日放送