ここから本文です

VRで遂にエヴァンゲリオンを操縦! 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』はギミック満載のコックピットがスゴイ

5/16(火) 16:42配信

ファミ通.com

文・取材:編集部 工藤エイム、撮影:編集部 古屋陽一

●(VRで)エヴァを操縦できるぞ!
 本日2017年5月16日、バンダイナムコエンターテインメントが展開予定のVRを始めとした最先端技術を活用したエンターテインメント施設“VR ZONE Shinjuku”(2017年夏より新宿・歌舞伎町のTOKYU MILANO跡地に期間限定でオープン予定)の設置アクティビティ第1段として、『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』が発表された。ファミ通.comでは『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』を実際に体験することができたので、本コンテンツの概要と感想をお届けする。

 まず、『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』が設置される施設“VR ZONE Shinjuku”について説明しよう。“VR ZONE Shinjuku”は既報の通り、“体験したくてもできないよろこびや驚きを、想像をはるかに超えて実現する”超現実エンターテインメントをお届けする施設。2016年に、お台場・ダイバーシティ東京プラザにて期間限定で展開していたVRエンターテインメント研究施設“VR ZONE Project i Can”で蓄えたノウハウをもとに、IPの魅力をより引き出すコンテンツ開発力を活かし、単なるVRゲームにとどまらないVRアクティビティが続々と登場する予定だ。“VR ZONE Shinjuku”ではほかにも、プロジェクションマッピングなどの技術を活用したインタラクティブなアソビを楽しめるコンテンツ、飲食、物販コーナーも設けられる。

 『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』は“VR ZONE Shinjuku”の第1弾設置アクティビティとなり、体験者は汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン(以下、エヴァ)のエントリープラグに乗り込み、操縦者として最強の使徒と謳われる“第10使徒 ゼルエル”に立ち向かうことになる。遂に、エヴァに乗り込むというファン待望の夢が遂に仮想空間で実現したのだ。

 アクティビティの内容はというと、エヴァ正規パイロットが不在の中、プレイヤーはNERVに選ばれた“臨時パイロット”としてEVAに搭乗するという流れになる。第3新東京市に迫る最強の使徒を迎え撃つのは、3機のエヴァ(初号機・零号機・2号機)。プレイヤーは3人一組になってそれぞれのエヴァに乗り込み、使徒との戦闘に挑むことになる。

 さて、「エヴァに乗り込む」ことは先ほど説明したが、本アクティビティでは普通の椅子に座るのではなく、エントリープラグ内のコックピットを再現した専用体感マシンに座りヘッドマウントディスプレイを装着することになる。この専用マシンには振動と可動機能、さらに送風機能が搭載されており、シーンごとにリアリティを高めてくれる体感ギミックが作動するようになっていた。

 いざコックピットに座ると、心の中ではもうアニメ第拾九話の「動け、動け、動け、動け!」(ゼルエル戦で、活動限界を迎えたときの碇シンジの真似)をやりたくてしょうがなかった。といってもほかのメディアもいるし、恥ずかしいので今回はやりませんでしたが、操縦レバーやスイッチを握り、足を前に突き出すスタイルの操縦席に座ると、テンションはかなり高まることは間違いない。ヘッドマウントディスプレイを装着し、ディスプレイが明るくなるとそこはすでにエントリープラグの中。外はネルフ本部の格納庫だ。ここで葛城ミサトから「頑張ってね」などと声を掛けられる。右側に表示されているディスプレイには「シンクロ率 10%」の表示が。「低すぎ!」と思ったが、これはエヴァが動く必要最低限のシンクロ率だそうだ。「臨時パイロットが最初から高シンクロ率を出したらおかしいし当たり前だろう」と考えると、納得もいく。
 続いて、エントリープラグ内にLCLが注入され、同時に座っているマシンの前方から風が送られてきた。映像とは分かっているものの、LCLに溺れそうになると恐怖すら感じる。肺がLCLで満たされたところで、エヴァが射出ハブターミナルへと移動していく。アニメで何度も見てきた発射までのシーンも、ジオフロント内も、エヴァの内部から見るとかなり新鮮だ。周りを見渡すだけでもとてもおもしろい。

 きょろきょろと周囲をひとしきり見終わると、遂に射出ターミナルに到着し、ミサトさんの「発進!」がかかる。まさかエヴァの中で「発進!」を聞くことができるとは……と思っていると、シートからすさまじい衝撃が伝わってきた。射出口に向かって一直線に上昇するエヴァ。眼前に見える早い映像と激しい振動は、加速とGが本当に感じられそうなほどリアルで、正直言ってかなり怖かった。そろそろ出口を抜けるだろうという所で画面には「つづく」の文字が。肝心の使途との戦闘は、オープン後のお楽しみとのことで、体験会はここで終了となった。

 振動と可動、送風、そしてエヴァのコックピットの再現はかなりのリアリティを生み出している。「エヴァの発射だけでかなりドキドキしたし……戦闘はもっとヤバイのでは!?」と少し恐ろしく思うが、『エヴァンゲリオン』ファンは、ぜひ体験していただきたい。恐らく混雑が予想されると思うが、その価値は絶対にある。

●『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』仕掛け人にミニインタビュー
 続いては、『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』の仕掛け人、“Project i Can”コヤ所長こと小山順一朗氏、タミヤ室長こと田宮幸春氏、そして『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』開発チーフの井本一史氏に合同ミニインタビューを行った。

――実際に体験したとき、エヴァとのシンクロ率が10%と表示されましたが、体験者それぞれでシンクロ率は変わるのでしょうか?

コヤ所長 変わります。

――どういった仕組みで変わるのでしょうか……?

コヤ所長 ……秘密です!

井本 みなさんが体験されたときは10%くらいのシンクロ率でしたが、あの数値がエヴァを動かせるギリギリの数値になります。もしかしたらちょっと数値の高い人が出てくることもあるかも知れませんよ。

――数値が高いと操作性とかで何か違いが出てくるのでしょうか?

コヤ所長・井本 …………。

タミヤ室長 どうやら秘密のようです(笑)。

井本 もしかしたら、ミサトさんのセリフが変わるかもしれません。

――今回は初号機・零号機・2号機ですが、5号機、6号機と増えて行く予定はありますか?

コヤ所長 いまのところ予定はありません。

――全体のボリュームはどのくらいでしょうか?

井本 説明などを含めると、だいたい8分です。

タミヤ室長 まさにいま、最後のバトル部分を作製中です。そこのバランス次第では8分前後になる可能性はあります。

――エヴァはアニメのようにビルを盾にしたりできますか?

井本 もちろんです。ほかにも、武器庫から武器をとることもできます。

――武器は何種類が用意されているということでしょうか?

井本 いま3種類を予定しています。

――実際にプレイするときは、初号機、2号機、3号機は通信接続されて、ほかのEVAも見えるのでしょうか?

井本 勿論見えます。射出口から発進するシーンでは、となりに別機体のエヴァが見えますし、ボイスチャットも搭載されます。


――地上戦はどのような感じになるのでしょうか?

コヤ所長 敵はATフィールドを駆使しつつガンガン攻めてきます。敵に向かっていくのが精いっぱいかもしれません。

タミヤ室長 横に回り込んだりはできます。

コヤ所長 ピカっと光ったら素早い攻撃がきますので、大変かとおもいます。

タミヤ室長 手が伸びてスパーンとやられます。

――テレビアニメのショッキングな演出が採用されているのでしょうか?

コヤ所長 それはオープン後をお楽しみください……!

――戦った結果でエンディングに種類はありますか?

井本 成功と失敗を用意しています。

――シナリオ自体は1種類ということでしょうか?

コヤ所長 そうです。

――暴走することはありますか?

コヤ所長 暴走したいですか!?

タミヤ所長 我々も暴走モードを試してみたのですが、あまりおもしろくなくて……今回は暴走モードは採用しませんでした。暴走モードだと、操作することはできずただ映像を見るだけになってしまうので、それではツマラナイだろうなと。

コヤ所長 見ているだけになりますからね。

――一番力を入れたところはどこでしょうか?

コヤ所長 “エヴァンゲリオン”というものを、我々的に解釈しなおしています。“A10神経”を接続してプレイヤー自身がエヴァになるのか、それともある程度の高さの巨大な兵器を操縦するのかという点は、なんども議論を重ねました。

タミヤ室長 LCL溶液に満たされる感覚ってどうなのか、なんども見てきたシーンを再現するとなるとどうなるのかという点は何度も試行錯誤しました。操縦シーンもこだわっていますので、ぜひ楽しみにしてください。

コヤ所長 『パシフィック・リム』(ギレルモ・デル・トロ監督による2013年公開のSF怪獣映画)を何度も見ました。

――(笑)。では、エヴァのサイズはどのくらいを想定していますか?

コヤ長 おおよそですが、80mほどあります。このバンダイナムコエンターテインメントのビルとほぼ同じ大きさになります。

最終更新:5/16(火) 19:58
ファミ通.com