ここから本文です

バレー男子代表、ピリピリの始動会見 中垣内監督不在の質問を通訳制止

5/16(火) 6:07配信

デイリースポーツ

 バレーボール男子の日本代表が15日、都内で始動会見を行った。昨年11月に人身事故を起こし、活動自粛中の中垣内祐一監督(49)は姿を見せなかった。フィリップ・ブラン監督代行(56)への中垣内監督に関する質問を通訳が制止するなど、ピリピリムードが漂った。

【写真】バレー協会、中垣内監督を“反面教師”に?強化事業本部長、苦しい説明に…

 木村憲治会長は会見冒頭で謝罪。前代未聞の状況の中、中垣内体制の維持を決めたことについては「20年東京五輪でメダルを取るために一番ふさわしい人物として決まった。それだけ期待をしている」と説明した。エースの石川祐希(中大)は「監督うんぬんより、個人スキルを上げないと」と強調した。