ここから本文です

シャンパンまみれのdustboxツアーファイナル、9mm和彦とのコラボも

5/16(火) 13:39配信

音楽ナタリー

dustboxが5月13日に東京・新木場STUDIO COASTにてライブツアー「Thousand Miracles TOUR 2017」の最終公演を開催した。

【写真】9mm Parabellum Bullet(Photo by HayachiN)(他12枚)

このツアーは彼らが最新フルアルバム「Thousand Miracles」を携えて2月から実施していたもの。すべて対バン形式で、全30公演が行われた。

この日のゲストは9mm Parabellum Bullet。サポートギタリストに為川裕也(folca)を迎えた初編成で登場した彼らは、「盛り上げてくれってことなんで」と意気込み「Discommunication」や「Black Market Blues」といったナンバーを連投して、その言葉通りに場内を盛り上げていく。MCでは菅原卓郎(Vo, G)が「dustboxの兄貴たちが呼んでくれました! リハ見ただけでハッピーな気持ちになっちゃいましたよ」と笑顔を見せていた。バンドはさらにダイナミックな演奏で「Cold Edge」「生命のワルツ」を届けてdustboxへバトンを渡した。

dustboxの3人はアルバムの1曲目「1000 Miracles」をSEに、ゆっくりとステージに登場。SUGA(Vo, G)が「新木場、やろうぜー!」と声をかけて「Dive」「New Beginning」とアルバム収録曲を続けていく。さらにSUGAが「今日は行くとこまで行こうか!」と言うと、バンドは「Resistance」「Try My Luck」と初期曲もプレイし、オーディエンスを喜ばせた。YU-KI(Dr)が繰り出す高速ビートに乗せて、SUGAとJOJI(B, Vo)は華麗なコーラスワークを見せつける。またSUGAは間奏やアウトロになると、すぐさまマイクから離れてステージ前方へ進み、愛おしそうにギターを奏でていた。

MCではゲスト出演した9mm Parabellum Bulletの話題に。JOJIが「9mm Parabellum Bulletの演奏がうますぎて、なんか申し訳ない(笑)」と苦笑いするとファンから「がんばれ!」と声が飛ぶ。すると彼は「いつもならキレてるけど、さっきも間違えたし、うれしいわ」と笑い、場内を和ませる。SUGAも「ずっと昔から一緒にやりたかったら実現できてうれしい」と声を弾ませた。

中盤にはSUGAが今年でバンド結成から18年が経つことに触れ、JOJIと出会った中学時代を回想。風変わりな担任の教師にギターを借りて、JOJIと共に視聴覚室でギターの練習していたことを明かし、「そんなのが18年続きました。まさかこんなに長く続くと思わなかった」と感慨深げに語る。そして「『俺たちはボロボロかもしれないけど新しい歌を歌っていく』っていう歌があります」と説明し、バンドはアルバムから「Broken Toy」を丁寧にプレイした。さらにSUGAがアンプに腰掛けてインストゥルメンタルナンバーを届けたのち、SUGAが「いろんなことがあったけど全部乗り越えてここまで来たぜー! これからもよろしく!」と声を上げて「Here Comes A Miracle」へ。盛大なシンガロングが発生して、場内はハッピーなムードで包まれる。

終盤、SUGAはツアーを振り返り「どのツアーも最高なんだけど、今回のツアーは忘れねえわ」と感激した様子を見せる。続けて「また新しい曲作ってツアーやりたいなって思いました」と次回作への意欲ものぞかせた。

そして赤い照明がおどろおどろしくステージを染め上げて始まったのは「No More Tequila」。JOJIが「今日は本家が来てるから」と言い、ステージ袖に目をやると、HAWAIIAN6のHATANOがテキーラを手にステージへ。彼はそれを飲み干すと、音源の冒頭と同じく「テキーラ行くぞ!」と叫び、バンドはその言葉を合図に演奏を始めた。間奏ではJOJIがテキーラの瓶をファンに差し出す。さらに9mm Parabellum Bulletの菅原とSTOMPIN' BIRDのTOM(Vo, G)がシャンパンを手にステージへ登場。JOJIが菅原、TOM、SUGAへシャンパンを飲ませたのち、自身も口に。さらにシャンパンをビール缶に持ち替えると、「やっぱりビールが好き!」とビールを飲み干してオーディエンスから喝采を浴びた。そして音源通りにTOMが同曲のコーラス部分を歌唱し、演奏を再開させると場内は大盛り上がりとなった。続けて「Hurdle Race」をプレイしてオーディエンスを熱狂させた3人は、本編の最後に「Twilight」をプレイ。フロアも明るく照らされ、場内は感動的な雰囲気が広がった。

アンコールではSUGAがアコースティックギターを手に1人で再登場する。彼はファンからのリクエストを受けて「Never Ending Dream」を歌唱。途中を飛ばしつつも、伸びやかに同曲を歌い上げた。次に届けた「Love」では彼の歌声にあわせて場内から合唱が発生した。JOJIとYU-KIを招き入れて、3人は「Spacewalk」「Tomorrow」をプレイ。そしてJOJIが客席でライブを見ていたたなしん(グッドモーニングアメリカ)、ステージ袖にいたU-TAN(GOOD4NOTHING)、あやぺた(Dizzy Sunfist)、松本誠治(the telephones、FINAL FRASH)、Keisaku “Sit” Matsu-ura(COUNTRY YARD)、TOM、菅原をステージに呼び込む。そして「さっき開けたシャンパンを飲み干さないとね」と言い、次々と彼らに飲ませていった。ステージのテンションが最高潮に達したところでJOJIがハンドマイクを持つと、バンドは9mm Parabellum Bulletの中村和彦(B)をゲストベーシストに迎えて「Neo Chavez 400」をドロップ。JOJIはデスボイスでボーカルを務めたのち、フロアへダイブした。最後にSUGAが「またね!」と挨拶し、バンドは最後にショートチューン「Just One Minute」を投下。熱気に包まれる中、バンドはツアーの幕を下ろした。

dustbox「Thousand Miracles TOUR 2017」
2017年5月13日 新木場STUDIO COAST セットリスト
9mm Parabellum Bullet
01. Discommunication
02. 新しい光
03. ガラスの街のアリス
04. Black Market Blues
05. ハートに火をつけて
06. Cold Edge
07. 生命のワルツ

dustbox
SE. 1000 Miracles
01. Dive
02. New Beginning
03. Riot
04. Resistance
05. Rise Above
06. Try My Luck
07. Thunder
08. Not Over
09. Dance Until Morning
10. Right Now
11. Pity Party
12. Still Believing
13. Bird of Passage
14. Daisy
15. Broken Toy
16. All We Need Is Hope
17. Here Comes A Miracle
18. Maze-Struggling In The Darkness-
19. Refrain
20. Life is Beautiful
21. Stand By Me
22. No More Tequila
23. Hurdle Race
24. Twilight
<アンコール>
25. Love
26. Spacewalk
27. Tomorrow
28. Neo Chavez 400
29. Just One Minute

最終更新:5/16(火) 13:39
音楽ナタリー