ここから本文です

〔東京外為〕ドル、113円台半ば=株上げ幅縮小で調整売り(16日正午)

時事通信 5/16(火) 12:30配信

 16日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株価の上げ幅縮小を眺めて調整売りがみられ、1ドル=113円台半ばに伸び悩んでいる。正午現在、113円42~43銭と前日(午後5時、113円64~65銭)比22銭のドル安・円高でほぼ横ばい。
 ドル円は早朝、113円50~60銭台で推移した。午前9時以降は日経平均株価の上昇を背景に買いが優勢となり、仲値前には113円70銭台に水準を切り上げた。その後は株価が上げ幅を縮小したことでドル円も売り戻される展開となった。
 日経平均株価は一時2万の大台に迫ったが、「大台乗せに失敗したことでドル円も調整売りが強まった」(為替ブローカー)とされる。ドル円は「株価動向を除くと目立った材料には乏しい」(FX業者)こともあり、午後も株価をにらんだ展開が続く見通し。
 ユーロも対円は水準を下げた。対ドルは横ばい圏。ユーロ円はドル円におおむね連動し、株価の伸び悩みを受けてユーロ売り・円買いが優勢となった。正午現在、1ユーロ=124円64~64銭(前日午後5時、124円34~41銭)、対ドルでは1.0987~0988ドル(1.0941~0945ドル)。

最終更新:5/16(火) 14:26

時事通信