ここから本文です

GI・3勝馬ヤマニンゼファー死す 栗田博調教師「今の自分があるのはこの馬のおかげ」

5/16(火) 18:01配信

東スポWeb

 GI・3勝を挙げたヤマニンゼファーが16日朝、老衰のため死んだ。29歳だった。

 同馬は美浦・栗田博憲厩舎所属で1991年春デビュー。92年安田記念を11番人気で制すると、翌93年も同レースを勝って連覇達成。同年の天皇賞・秋も勝つなど、6~10ハロンの幅広い距離で活躍した。2009年に種牡馬引退後は北海道新冠・錦岡牧場で余生を送っていた(代表産駒=00年武蔵野S勝ちのサンフォードシチー)。

★栗田博憲調教師=前日(15日)までは元気だったそうだけど…。ガラス細工のような馬で、デビュー当初はダート千二を使ったくらい。こういう馬をどう扱うかなど、いろいろなことを教えてくれた大切な存在。今の自分があるのはこの馬のおかげですね。

★柴田善臣騎手(93年安田記念、天皇賞・秋のパートナー)=引退までの5戦で乗らせてもらった(3勝)。騎手として基礎を作ってもらった馬といっていい。

最終更新:5/16(火) 18:08
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ