ここから本文です

社業や就業環境、就活生にPR 京都で中小企業説明会

京都新聞 5/16(火) 22:00配信

 中小企業で働く魅力を就職活動中の学生らに紹介する「京都・滋賀しごとNavi合同企業説明会」が16日、京都市南区の京都テルサで開かれた。京都、滋賀の中小企業の社長や若手社員らが、訪れた就活生らに社業や就業環境をPRした。
 京都中小企業家同友会と滋賀県中小企業家同友会の主催で、計47社が出展した。
 ブースを構えた各社は「アットホームな雰囲気から生まれる団結力が会社の強み」「年2回、顧客を連れて遠足に行っている」などとアピール。セミナーでは、京都中小企業家同友会の田中陽一社員共育・求人委員長が「会社選びも大切だが、入社して何の仕事をしたいのか考えてほしい。うまくマッチすれば、社員も会社も育ち、大企業以上に達成感が得られる」と訴えた。
 同志社大4年の男子学生(21)=京都市上京区=は「早くから仕事を任せてもらえそう。企業選びの視野が広がった」と話していた。

最終更新:5/16(火) 22:00

京都新聞