ここから本文です

テニス=フェデラーが全仏OP欠場、ウィンブルドンに集中

ロイター 5/16(火) 10:53配信

[15日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ロジャー・フェデラー(35、スイス)は15日、全仏オープン(22日開幕)を欠場する意向を表明。現役生活を長く続けるために、今季クレーコートの大会には出場しないと述べた。

フェデラーは6カ月にわたりツアーを離脱していたが、1月の全豪オープンで優勝。しかし2年続けて全仏オープンを欠場する。昨年はけがで欠場した。

現在世界ランク5位のフェデラーは自身のフェイスブックを通じて、「この1カ月間、コート内外で努力を続けてきたが、今後もATPツアーで長年プレーするためには、今季クレーコートの大会には出場せず、芝とハードコートの大会に備えることが最善と判断した」と説明した。

フェデラーは今後、通算7回の優勝を誇るウィンブルドン選手権(7月3日開幕)に向けて準備する。

最終更新:5/16(火) 10:53

ロイター