ここから本文です

米国人の6割、トランプ大統領に対する「独立」調査望む

ロイター 5/16(火) 11:05配信

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ロイター/イプソスが15日に公表した世論調査によると、2016年の米大統領選を巡り、米国人の大半がトランプ大統領とロシアのつながりを探るための「独立した調査」を望むと回答した。

世論調査はトランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃解任した後となる10─14日に全50州とワシントンDCを対象地域としてオンライン上で英語で実施。共和党員515人、民主党員686人を含む成人1541人から回答を得た。

それによると、成人の59%(共和党員の41%、民主党員の79%を含む)が「ロシア政府と米大統領選のトランプ氏陣営の間におけるやり取りに対し、議会は独立した調査を開始すべき」との項目に賛成した。

2月に同様の質問をした際には54%(共和党員の30%、民主党員の81%を含む)が賛成していた。

「もう何を信じたらいいか分からない」と、アラバマ州バーミンガムのトランプ氏支持者で、「独立調査」を望むと回答したジョン・クレマーさん(74)は言う。トランプ氏がロシアと非合法の接触を持ったとは思わないが、大統領の対応には不満があるという。

「もしコミー長官が解任されていなかったら、捜査結果も受け入れられていたと思う。彼(トランプ氏)が捜査を縮小させようとしているのか懸念している」と、クレマーさんは話した。

今回の世論調査では、昨年11月の大統領選以降、行政機関や議会への信認も低下したことが分かった。成人の36%が行政機関に「ほとんど何の信用もない」と回答し、議会については43%が同じ回答をした。昨年11月の調査では、それぞれ30%と37%だった。

コミー氏の後任については、48%が、法と法執行の「信用できる」経験がある外部の人間を望むと回答。37%が、「FBI内部からの起用」が望ましいと答えた。5%が、「トランプ政権に近い」外部の人間が良いと答えた。

*写真を更新しました。

最終更新:5/16(火) 16:50

ロイター