ここから本文です

〔東京外為〕ドル、113円台半ば=決め手欠き安値もみ合い(16日午後3時)

時事通信 5/16(火) 15:30配信

 16日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、商いに決め手を欠き、1ドル=113円台半ばで安値もみ合いとなっている。午後3時現在、113円47~53銭と前日(午後5時、113円64~65銭)比17銭のドル安・円高。
 東京市場の早朝は、利益確定売りなどに押され、113円50~60銭台で弱含み。朝方は日経平均株価の上昇を眺めていったん113円70銭台に浮上するも、その後は株価の上げ幅縮小や米長期金利の低下に圧迫され、正午ごろには113円40銭前後まで水準を切り下げた。午後は横ばいで推移する株価や米金利を映して、113円50銭前後で上下動した。
 ドル円は「113円台前半では個人投資家の買い注文がある」(FX会社)とされ、下げ止まりをみせている一方、「トランプ米大統領の機密情報対ロ提供報道や株価の2万円台回復失敗などで、戻りも鈍い」(外為仲介業者)地合いとなっている。米国時間を迎えるまでは目立った材料も見当たらず、「113円20~80銭台で推移する」(同)と予想される。
 ユーロは対円、対ドルで堅調。午後3時現在、1ユーロ=124円75~75銭(前日午後5時、124円34~41銭)、対ドルでは1.0991~0992ドル(1.0941~0945ドル)。

最終更新:5/16(火) 17:26

時事通信