ここから本文です

ソフトバンク千賀が初回緊急降板 アクシデントか

東スポWeb 5/16(火) 18:58配信

 ソフトバンク・千賀滉大投手(24)が16日、オリックス戦(京セラドーム大阪)に先発したものの、初回に先頭打者・武田を右飛に打ち取り、続く駿太から空振り三振を奪った直後に緊急降板した。何らかのアクシデントがあったとみられる。

 登板直前のブルペンでは27球を投げ、投球練習を見守った高村投手コーチは「調子は前回に比べて良くないです。でも前回抑えていますし、いいイメージが残っているので、そのイメージを持って投げてもらいたい」とマウンドへ送り出した。

 千賀は前回9日の同カード(ヤフオクドーム)で8回無失点、自己最多タイの13三振を奪い、この日と同じ金子との投げ合いを制して5勝目を挙げていた。

最終更新:5/16(火) 18:58

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 11:40