ここから本文です

スピードスケート日本ナショナルチームを激励=宮崎市〔地域〕

時事通信 5/16(火) 10:03配信

 宮崎県総合運動公園(宮崎市)を中心に強化合宿を行っているスピードスケートの日本ナショナルチームに対し、宮崎県の鎌原宜文副知事らが激励した。

 鎌原副知事が中長距離のヨハン・デビットヘッドコーチに宮崎ブランドポーク20キロを、野尻正嗣宮崎市スポーツランド推進課長が短距離のロビン・ダークスヘッドコーチに宮崎完熟マンゴーをそれぞれ贈呈した。ヨハンヘッドコーチは「宮崎で今シーズンのトレーニングを開始できた。平昌五輪で良い成績を取るために良い練習をさせていただきたい」と語った。

 合宿は7日から17日までで、平昌五輪でメダルが期待される高木美帆(日体大助手)や男子短距離の長谷川翼(日本電産サンキョー)ら23人が参加している。 

最終更新:5/16(火) 11:34

時事通信