ここから本文です

<安保理>北朝鮮を強く非難 ミサイル発射で報道声明

毎日新聞 5/16(火) 11:13配信

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は15日、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮を強く非難する報道声明を発表した。過去の安保理決議で決めた全ての制裁措置を、安保理理事国が「完全実施することを誓う」とも明記した。

 報道声明に法的拘束力はないが、中国やロシアなど北朝鮮に近い安保理常任理事国を含む15カ国全てが同意しており、安保理全体としての意思を示した。声明は現地時間で4月29日と今月14日に実施された弾道ミサイルの発射を批判。北朝鮮にこれ以上ミサイル発射や核実験を行わないよう要求し、従わない場合、制裁を含めたさらなる重大な措置をとると警告した。

 また、国連加盟国全体に対しても、昨年3月と11月に採択された安保理制裁決議などの内容を「速やかかつ真剣」に履行するよう強く要請した。

 安保理は16日午後(日本時間17日午前)、14日のミサイル発射を受けた緊急会合を開く。米国は北朝鮮に対する新たな追加制裁を主張するとみられ、中国の対応が鍵となる。

 ニューヨークの国連本部で4月28日に北朝鮮の非核化を議題にした安保理閣僚級会合が行われた際、北朝鮮は終了後ミサイル発射を実施するなど、安保理軽視の姿勢を明示している。

最終更新:5/16(火) 11:13

毎日新聞