ここから本文です

村井・宮城知事が4選出馬意欲 6月定例県会で表明へ

産経新聞 5/16(火) 7:55配信

 任期満了(11月20日)に伴う今秋の知事選をめぐり、村井嘉浩知事(56)は15日の定例記者会見で「復興をやり遂げたという思いはない。まだやりたいことが残っている」と述べ、4選に向けた立候補に前向きな姿勢を示した。

 村井知事は「出馬する、しないについては自分の中で意思決定したが、この場での言及は控えたい」と明言を避け、県議会6月定例会で一般質問に答える形で表明する考えを明らかにした。

 知事は「富県宮城」を掲げて企業誘致などに注力し、震災以降は「創造的復興」に向け医学部の新設や仙台空港民営化などに取り組んだ。「富県宮城も全てが自分の思い通りに進んできたわけではない。まだやりたいことが自分の中に残っている」と出馬への意欲をにじませた。

 村井知事は大阪府出身。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊、松下政経塾を経て平成7年から県議。17年の知事選で初当選し、現在3期目。

最終更新:5/16(火) 7:55

産経新聞