ここから本文です

対北朝鮮、韓国とも連携=日米外相「対話より圧力」

時事通信 5/16(火) 10:04配信

 岸田文雄外相は16日、ティラーソン米国務長官に電話し、弾道ミサイル発射を強行した北朝鮮への対応を協議した。

 両外相は「対話のための対話では意味がなく、今は圧力をかけていく必要がある」との認識で一致。北朝鮮に融和的な姿勢を示す韓国の文在寅政権とも、国連の場を含め緊密に連携していくことを申し合わせた。

 両外相は「今回の発射は断じて容認できず、断固たる姿勢で応じる必要がある。北朝鮮の態度が変わらない限り対話をする状況にはない」との立場でも一致。挑発行為を抑止するため、北朝鮮と関係が深い中国にさらなる役割を果たすよう求め、ロシアとも連携して圧力をかけていくことを確認した。 

最終更新:5/16(火) 11:45

時事通信