ここから本文です

テニス=シャラポワの全仏OP出場可否、フランス連盟が判断へ

ロイター 5/16(火) 12:10配信

[ロンドン 15日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンで女子の元世界ランク1位、マリア・シャラポワ(ロシア)のワイルドカードでの出場を認めるかどうかについて、フランス・テニス連盟は16日に判断を発表する。

シャラポワはドーピング違反による15カ月間の出場停止処分から復帰。シュツットガルト、マドリードやローマでの大会にはワイルドカードで出場しているが、多くの選手から大会側の判断に対する疑問の声が上がっている。

シャラポワは先月、シュツットガルトで行われたポルシェ・グランプリで準決勝まで勝ち上がったが、全仏オープンに出場するために必要なポイントを獲得できていない。

四大大会の中で最も規模が小さい全仏オープンは、収益増加のために、集客力のあるシャラポワのワイルドカード出場を認める可能性がある。

最終更新:5/16(火) 12:14

ロイター