ここから本文です

バルサ期待のCBマーロン、代理人が「来季の残留は決まっている」と明言

GOAL 5/16(火) 22:05配信

バルセロナBに所属するDFマーロン・サントスの代理人を務めるフレッジ・モラーレス氏は、地元メディアの取材に対して来季もマーロンがバルセロナに残留することを明言している。

マーロンは昨夏、1年のレンタル契約でフルミネンセからバルセロナBに加入。欧州移籍1年目でルイス・エンリケ監督の信頼を徐々に勝ち取っていき、昨年11月23日のチャンピオンズリーグ・グループC第5節セルティック戦でトップデビューを飾った。

14日に行われたリーガエスパニョーラ第37節ラス・パルマス戦では、試合前のアップ中に負傷したMFハビエル・マスチェラーノに代わり、急きょCBでスタメンに起用された。リーガデビューとなったこの試合、フル出場でチームの4-1の勝利に貢献している。

モラーレス代理人は『ラジオ・バルセロナ』に「フルミネンセとバルサの取り決めは済んでいる。以前から決まっていたことだ。我々は前進するのみだよ。これからバルサの首脳陣と話さなければいけないけれどね」と述べた。

「バルサはマーロンを残すことを決めた。ただ、来季の彼の役割というのは分からない。それを首脳陣と話し合わなければいけないんだ。できれば、今後数週間以内に。長年バルサに残って、マーロンが今のように学び続けられればいいと我々は考えている」

だが具体的な移籍金などについて、詳細を明かすことはしなかった。

「それはクラブがやるべきことだ。我々の仕事の一部ではない。そういった情報を入手する権利は我々にはないんだよ」

GOAL

最終更新:5/16(火) 22:05

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合