ここから本文です

【ルマン24時間】トヨタがドライバー編成を変更…可夢偉組 7号車は昨季富士戦優勝トリオに

レスポンス 5/16(火) 18:37配信

16日、世界耐久選手権(WEC)にLMP1-Hマシンで参戦しているトヨタGAZOOレーシングが、次戦のルマン24時間レースに向けてドライバー編成の変更を発表した。小林可夢偉が乗る7号車は、昨季のWEC富士戦で優勝した時のトリオで今年のルマンに臨むこととなった。

[関連写真]

通常はWECに2台(#7、#8)で参戦しているトヨタだが、今年のルマン(WEC第3戦)に関しては3台体制を採っており、前哨戦となる第2戦スパ・フランコルシャン(5月4日決勝)から予定通り3台目のマシン(#9)を実戦投入している。

ただ、開幕戦で#7のドライバーのひとり、J-M.ロペスがクラッシュを喫しており、その影響で第2戦は彼が欠場となる誤算があった(#7は第2戦を可夢偉とM.コンウェイの2名体制で乗り切っている)。

ロペスは昨季まで世界ツーリングカー選手権(WTCC)で3年連続チャンピオンとなった名手だが、WEC LMP1-H転身初年度の序盤にレース経験を重ねることができなくなってしまった。そういった状況を受けて、今回のドライバー編成変更がなされている。

3台・計9人の顔ぶれ自体に変更はなく、ロペスもルマンには参戦する(ロペスは先週末のフォーミュラE モナコ戦にも出場していた)。WEC開幕2連勝中の#8 中嶋一貴組は3人のメンバー不動で、ロペスが#7から#9にまわり、代わってS.サラザンが#9から#7に“異動”することとなった。

ルマンでのトヨタTS050の新ドライバーラインナップは下記の通り。

#7 小林可夢偉 & M.コンウェイ & S.サラザン
#8 中嶋一貴 & S.ブエミ & A.デビッドソン
#9 国本雄資 & N.ラピエール & J-M.ロペス

佐藤俊男チーム代表のコメント
「ホセ・マリア(ロペス)の開幕戦での負傷、第2戦欠場という結果を受けて、ここ数週間で状況が変わりました。彼は残念ながら今年、WECでわずかな周回しかレースを戦っていません。そのため、我々はドライバーラインナップの変更を検討しました。ステファン(サラザン)が7号車に加わることで、必ず勝利を争ってくれると確信しています。ホセ・マリアは(国本)雄資同様、今年のルマンでコースやイベントなど、多くのことを学ぶでしょう。そしてそれは、将来へ向けての貴重なステップとなります」

#7の可夢偉、コンウェイ、サラザンというのは、昨季のWEC富士戦優勝トリオ。#7 可夢偉組と#8 一貴組が2台のポルシェ勢に真っ向勝負を挑み、#9はLMP1-H経験の浅いロペスと国本(昨季スーパーフォーミュラ王者)が経験を積みつつ、#7と#8の援護役を務める、そんな図式が想像されるトヨタの新布陣だ。なお、WEC第4戦以降は再び可夢偉、コンウェイ、ロペスのトリオが#7をドライブする。

トヨタが悲願の総合初優勝を目指す今年のルマン24時間レースは、6月17~18日に決勝が行なわれる。

《レスポンス 遠藤俊幸》

最終更新:5/16(火) 18:37

レスポンス