ここから本文です

竹中工務店、ビジネスチャット「direct」で現場のコミュニケーションを効率化

Impress Watch 5/16(火) 12:02配信

 株式会社L is Bは16日、株式会社竹中工務店が、ビジネスチャット「direct」を採用したと発表した。主に作業所(建設現場)において利用しており、協力会社も含めて導入規模を拡大しているという。

 directは、LINEに似たインターフェイスを持つ、社内利用に特化したチャットツールで、テキストメッセージのやりとりを行える「トーク」や「グループチャット」を利用可能。社内システムとの連携機能や管理機能、一斉プッシュ配信といった、ビジネス利用に特化した機能を備えており、企業で安心して利用できる点が特徴という。

 また、複数の選択肢から回答を求めたり、Yes/Noの選択を求めたりできる「アクションスタンプ」も特徴。セキュリティ面では、特定の外部の人と安全につながる「ゲストモード」を備えており、必要な相手とだけつながることができるため、不用意な情報漏えいの心配なく安心して活用できるとのこと。

 竹中工務店では、企業内でのコミュニケーションをより円滑に進めるため、LINEのような簡単な使い勝手で必要な情報を皆が共有でき、かつセキュリティが確保されたコミュニケーションツールの導入を検討。その結果、directを採用した。

 directでは、グループトークで同時に複数人に写真や情報を共有でき、かつ誰が読んだかを把握可能。さらに、自分の投稿の既読が把握できるのみならず、他人の投稿の既読/未読も確認できる。竹中工務店は、こうした点をdirectのメリットとして挙げた。

 このほか、撮影した写真にその場でコメントをつけて同時送信できる点、画像加工機能によって写真に印を付け具体的な指示が出せる点、アクションスタンプでタスク指示やアンケートを集計できる点、PCでも利用可能な点などを評価している。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:5/16(火) 12:02

Impress Watch