ここから本文です

巨人ファンの仲代達矢、東京ドームで始球式に初登板「夢のようです」

映画ナタリー 5/16(火) 15:30配信

仲代達矢が6月13日、東京・東京ドームで行われる読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンクホークス公式戦の始球式に登場する。

【写真】「海辺のリア」(他9枚)

自他ともに認める読売ジャイアンツファンの仲代が、84歳にして初の始球式に挑む。仲代いわく、自身の野球遍歴は「20代の頃自分でチームを作っておりました。俳優座でチームに所属し、下手投げが得意の投手でした」とのこと。また登板するにあたり、「川上哲治さん時代からのファンである巨人の始球式が出来る事は夢のようです。果たしてホームまで球が届くかどうか心配です」と心境を述べている。仲代の放つボールの行方に注目しよう。

小林政広が監督と脚本を担当した仲代の主演最新作「海辺のリア」は、6月3日より東京・テアトル新宿、有楽町スバル座ほか全国で公開。かつてスター俳優だったが、現在は認知症の疑いがある主人公・桑畑兆吉を仲代が演じたほか、黒木華、原田美枝子、阿部寛、小林薫が出演した。



(c)「海辺のリア」製作委員会

最終更新:5/16(火) 15:30

映画ナタリー