ここから本文です

ZF、ルーマニア企業の自動車部門を買収へ…ブレーキ事業を強化

レスポンス 5/16(火) 22:30配信

ZFは5月16日、ルーマニアのエンジニアリングサービス会社、BeeSpeedの自動車部門を買収することで合意した、と発表した。

BeeSpeedは1994年、ルーマニアに設立。自動車部門に加えて、第2の事業として水処理を手がける。ZFに自動車部門を売却した後は、水処理事業に専念する。

両社の合意では、2018年の初頭にBeeSpeedは自動車部門をスピンオフ。同部門は2019年1月1日、法的にZFの傘下に入る予定。

過去10年間、BeeSpeedの75名のエンジニアは、ZF TRWのブレーキシステム事業に従事してきた。買収後は引き続き、ZF TRWのブレーキシステムの開発に携わる。

ZF TRWのブレーキシステム事業ユニットのエンジニアリング担当、Manfred Meyer責任者は、「BeeSpeedは、長期的かつ信頼性の高いパートナー。ZFグループの一員として優れた能力を発揮している。今回の買収により、インテリジェントなメカニカルシステムの専門知識を、さらに深めることが可能になる」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/16(火) 22:30

レスポンス