ここから本文です

大阪・弁天町に「ばあちゃんコロッケ」 祖母から教わった味を再現 /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 5/16(火) 16:26配信

 大阪・弁天町にある繁栄商店街内に5月3日、揚げ物店「ばあちゃんコロッケ」(大阪市港区南市岡3、TEL 06-6585-7696)がオープンした。(大阪ベイ経済新聞)

ミントグリーンを基調とした外観

 オーナーの近藤由香利さんが「祖母から教わった味を皆さんにも食べてもらいたい」という思いから開いた同店。ミントグリーンが基調の外観は、高さ約2メートル50センチの看板に描かれた近藤さんがモデルのイラストが目印。テークアウトのみで、店外には2人用のベンチを設ける。

 看板メニューは、しっかりとした衣が特徴の「ばあちゃんコロッケ」(80円)。注文が入るとその場で揚げ、出来たてを提供する。そのほか直径約3センチの一口サイズのコロッケ「パクッとコロッケ」(5個入り=170円)や「トンカツ」(280円、ハーフサイズ=160円)、レンコンと里芋が入った「里芋コロッケ」(90円)の全5種類を用意する。

 近藤さんは「小学生がおやつとして購入したり、主婦の方が夜ご飯の1品として買ったりすることが多い。男性客の中には、お酒のおつまみとして購入する人もいる」と話し、「皆さんに通いやすいと思ってもらえるようなお店にしたい。これをきっかけに繁栄商店街に活気が出れば」と意気込む。

 営業時間は11時30分~19時(商品がなくなり次第終了)。水曜・木曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/16(火) 17:15

みんなの経済新聞ネットワーク