ここから本文です

昨夏甲子園準V腕、慶大・大西健 神宮初安打「アピールしたい」

スポニチアネックス 5/16(火) 6:00配信

 ◇東京六大学野球フレッシュリーグ 慶大2―2明大(2017年5月15日 神宮)

 北海のエースとして昨夏甲子園で準優勝に輝いた慶大・大西健が「神宮初安打」を放った。

 明大戦に「1番・右翼」で先発すると、0―2の5回1死二塁から中前適時打。「チャンスで何とか打とうと思った」。7日の法大戦では途中出場でリーグ戦初打席も空振り三振。今週はリーグ戦メンバーから外れたため「(27日からの)早慶戦でベンチ入りできるようにアピールしたい」と話した。

最終更新:5/16(火) 17:37

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報