ここから本文です

五輪交通円滑化へ会議=政府

時事通信 5/16(火) 12:14配信

 丸川珠代五輪担当相は16日の閣議後の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて「交通輸送円滑化推進会議」を設置すると発表した。

 選手や観客らの輸送と一般の交通が重なることで混乱や経済活動への支障が生じないようにするのが狙いで、18日に初会合を開く。

 会議は政府が主催し、関係省庁と組織委員会、東京都のほか、関連自治体や経済界から40人程度が参加。物流の配送ルートや時間の変更だけでなく、休暇取得やテレワーク推進など多岐にわたる課題を検討する。丸川氏は「国民の理解を得ながら一人一人の交通行動の見直しをお願いしていかなければならない」と指摘した。 

最終更新:5/16(火) 12:21

時事通信