ここから本文です

<文科省>「基礎診断」に民間試験活用…19年度から実施

毎日新聞 5/16(火) 13:51配信

 文部科学省は16日、高校生の基礎学力の定着度を把握する目的で2019年度から実施する「高校生のための学びの基礎診断(仮称)」について、民間試験を活用する方針を明らかにした。どの試験を採用するか判断するための基準の策定を進める。

 基礎診断は国語、数学、英語の3教科。英語は4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価する。受検時期や回数を学校が選べる仕組み。従来の仮称は「高校基礎学力テスト」だったが、「基礎診断」に変更した。【伊澤拓也】

最終更新:5/16(火) 13:51

毎日新聞