ここから本文です

<はえぬき>“天空の棚田”で田植え始まる 

毎日新聞 5/16(火) 13:59配信

 山形県内唯一の海を望んでいる棚田「暮坪(くれつぼ)の棚田」(鶴岡市温海)で14日、近隣の小中学生など約30人が田植えを行った。標高差100メートルの丘陵に階段状に点在する天空の水田。「はえぬき」の稲を作付けする子供たちの元気な声が響いた。

 棚田は大小24枚計1ヘクタール。山形県の棚田20選に選ばれている。この日は新潟県の粟島まで一望できる最上部の1枚を利用。地域の農家と共に米作りを続けている奥井厚さん(69)は「地域の財産として、子供たちに受け継いでもらえたら」と目を細めていた。

 稲が実った「出来秋」にはくいに掛けて自然乾燥させ、1人暮らしの高齢者に配るという。【長南里香】

最終更新:5/16(火) 14:01

毎日新聞