ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、続伸=ナスダックは連日の史上最高値更新(16日午前)

時事通信 5/16(火) 23:30配信

 【ニューヨーク時事】16日午前のニューヨーク株式相場は、原油価格の上昇などを好感し、続伸している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前9時50分現在、前日終値比33.10ドル高の2万1015.04ドル。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数は2日連続で取引時間中の史上最高値を更新し、同時刻現在8.12ポイント高の6157.79。
 この日も石油輸出国機構(OPEC)主導による協調減産延長への期待などから原油相場が続伸。これを受けて、エネルギー関連株が軒並み買われている。
 また、米住宅改装用品小売り大手ホーム・デポの2017年2~4月期決算が好調な内容だったことも支援材料。ダウ銘柄を構成する同社株に買いが集まり、寄り付きからダウの上昇を先導している。ホーム・デポが朝方に発表した同期決算は増収増益となり、希薄化後の1株当たり利益も市場予想を上回った。また、同社は18年1月通期の業績予想について、1株当たり利益、売上高、既存店売上高いずれも上方修正した。
 この日午前に発表された米経済指標はまちまちの内容。4月の住宅着工件数は季節調整後の年換算で前月比2.6%減の117万2000戸、先行指標である住宅着工許可件数は2.5%減の122万9000戸となり、いずれも市場予想を下回った。一方、4月の鉱工業生産指数は季節調整後で前月比1.0%上昇。上昇は3カ月連続で、伸び幅は2014年2月以来の大きさ。予想の0.4%上昇も上回った。
 個別銘柄では、ホーム・デポが1.6%上昇。原油高につれ、シェブロン、エクソンモービルが堅調。半面、ファイザーは1.2%下落。米金融大手による投資判断で売り推奨されたことが嫌気された。この日引け後に決算発表を控えたシスコシステムは小安い。

最終更新:5/17(水) 14:27

時事通信