ここから本文です

<将棋>森信雄七段が引退 故村山聖九段の師匠

毎日新聞 5/16(火) 16:24配信

 将棋の森信雄七段(65)が16日、大阪市福島区の関西将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で大橋貴洸(たかひろ)四段(24)に負け、引退が決まった。フリークラスに所属する森七段は定年を迎え、この日の大橋戦が最後に残っていた。

【第4局を棋譜と動画で】20代対決、第75期名人戦特集

 森七段は、映画化もされたノンフィクション「聖(さとし)の青春」で描かれた故村山聖九段を一番弟子とし、初代叡王の山崎隆之八段(36)、竜王位の獲得歴がある糸谷哲郎八段(28)、昨年度、棋王戦に挑戦した千田(ちだ)翔太六段(23)ら11人のプロ棋士を育てた。

 対局後、森七段は「今日の将棋も内容はよかったので、いざ終わるとなると、もう少しやれたかな、という思いがある。ただ、自分が弱い分、弟子たちがよく勝ってくれた。本当は村山君と一緒に引退したかったが、41年も棋士を続けられて幸せだった」と話した。【新土居仁昌】

最終更新:5/16(火) 20:17

毎日新聞