ここから本文です

<訃報>日下武史さん86歳=俳優、劇団四季の創設メンバー

毎日新聞 5/16(火) 17:02配信

 劇団四季の創設メンバーの一人で中心的存在として活躍した俳優の日下武史(くさか・たけし、本名・孟=たけし)さんが15日に静養先のスペインで誤嚥(ごえん)性肺炎のため亡くなった。86歳。葬儀は親族のみで営む。後日、お別れの会を開く。

【渡瀬恒彦さん、大岡信さん…】今年亡くなった著名人を写真で振り返る

 慶応高校在学中より演劇活動を始め、慶応大仏文科在学中の1953年、浅利慶太さんら10人で劇団四季を結成。翌年の旗揚げ公演「アルデール又は聖女」(ジャン・アヌイ作)の伯爵ガストン役で初舞台を踏んだ。「ヴェニスの商人」「エクウス」「この生命誰のもの」「ハムレット」「鹿鳴館」など代表作は多く、的確な役作り、知的な演技で四季の看板俳優として数多くの舞台で存在感を放った。またNHK大河ドラマ「新・平家物語」など、テレビドラマや映画、外国映画の吹き替えでも活躍した。

 90年度芸術選奨文部大臣賞、96年紫綬褒章、2002年勲四等旭日小綬章など。

 妻は10年に再婚した女優の木村不時子さん。14年に東京・自由劇場で上演された「思い出を売る男」の出演が最後の舞台となった。

 浅利慶太さんの話 慶応高校の1年先輩であり、劇団四季創立以来の同志でもあった日下さんの訃報に接し、悲しみを禁じ得ません。イメージ豊かな明晰(めいせき)なせりふで、多くのお客様を魅了する素晴らしい俳優でした。在りし日の姿をしのび、心より冥福を祈ります。

最終更新:5/16(火) 20:03

毎日新聞