ここから本文です

制裁強化も視野に議論へ=国連安保理、北朝鮮問題で17日に緊急会合

時事通信 5/16(火) 14:19配信

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は16日午後(日本時間17日午前)、北朝鮮による14日の弾道ミサイル発射への対応を協議するため、緊急会合を非公開で開く。

 圧力強化を訴える米国は制裁強化を視野に入れて臨むとみられ、各国が制裁にどこまで踏み込んで議論するか、また、北朝鮮との経済関係が密接な中国がどのような対応を示すかが焦点となりそうだ。

 緊急会合に先立つ15日、安保理は発射を非難する報道機関向け声明を、中ロ両国を含む全理事国の同意を得て発表した。声明は、必要に応じて「制裁を含めさらなる重大措置を取る」と追加制裁を警告。さらに、安保理理事国が制裁決議を「完全履行すると誓う」と明記した。

 北朝鮮は今回のミサイルを「大型重量核弾頭」を搭載できる新型の弾道ミサイルだったと主張。高度も2000キロに達し、ミサイル開発の進展に警戒が強まっている。 

最終更新:5/16(火) 14:40

時事通信