ここから本文です

<大相撲夏場所>横綱陣安泰 高安や宇良ら3連勝

毎日新聞 5/16(火) 18:17配信

 大相撲夏場所3日目の16日、白鵬と日馬富士が、ともに万全の相撲で3連勝。大関経験者の琴奨菊を圧倒した高安と、玉鷲との三役対決を制した小結・御嶽海、平幕の栃煌山、宇良、大翔丸も白星を三つ並べた。

 稀勢の里は、初顔の千代の国の厳しい攻めを辛くもしのいで白星先行。鶴竜は遠藤に勝って、照ノ富士とともに初日を出した。豪栄道は嘉風のはたきに屈した。

 ◇力士ひとこと

 ○鶴竜 これ以上負けられないし。前向きに切り替えてやっていく。

 ○白鵬 (4横綱安泰は)当然と言えば当然だけどね。

 ○御嶽海 (3連勝に)春場所よりも集中できている。

 ●豪栄道 (立ち合いは)悪くなかったけどね。また明日から。

 ○大翔丸 (3連勝)まだまだ始まったばかり。何が起きるか分からないので気を引き締めて頑張る。

 ●石浦 (宇良に敗れ)あいつに負けると悔しい。

 ○日馬富士 (厳しい相撲で3連勝)体が良く反応している。余計なことを考えず、その日の一番に集中するだけ。

 ●千代翔馬 (初顔の白鵬に敗れ)左を張って右でかち上げてくると思ったが、左を差してくるとは思わなかった。

 ◇手さばき

 ○宇良-石浦● 石浦の度々の張り手にも、ひるまず出る宇良。激しい攻防の中でバランスを崩した石浦の後ろを取って、送り出した。

 ○御嶽海-玉鷲● 突っ張り合いから攻め込まれた御嶽海。相手の上突っ張りにも冷静に右差し後に、左も入れて双差し。すかさず左からすくった。 ○嘉風-豪栄道● 出足で押し込めずに差せない豪栄道。むきになって押すところを、嘉風がタイミングよく、はたいた。

 ○鶴竜-遠藤● 遠藤の左差しをきらった鶴竜。下がる場面もあったが、低い頭の遠藤をよく見て引き落とした。

 ○白鵬-千代翔馬● 張って、得意とは逆の左四つになったが、組み止めて一気に運び、最後は右の上手投げ。

最終更新:5/16(火) 20:02

毎日新聞