ここから本文です

<東京六大学野球>立大が勝ち点3 勝率で首位に

毎日新聞 5/16(火) 18:29配信

 東京六大学野球は16日、神宮球場で第6週の3回戦1試合が行われ、立大が6-4で早大に勝って2勝1敗とし、勝ち点を3に伸ばした。通算7勝3敗で、6勝3敗の慶大と勝ち点で並び、勝率で首位に立った。全校が1カードずつを残して東大以外に優勝の可能性があり、立大は第7週の明大戦で連勝すれば、1999年秋以来の優勝が決まる。

 立大は一回に笠松(4年・大阪桐蔭)の適時打で先制し、六回に5本の長短打を集めて4点を加えて逃げ切った。

(3)立大2勝1敗

立大

100004100◆6

000002002◆4

早大

(立)田中誠、手塚、中川-藤野(早)小島、北浜、早川-岸本▽本塁打 檜村、加藤、熊田(早)

 ○…立大は先発左腕の田中誠(2年・大阪桐蔭)が投打に奮闘。2日前は早大・小島(3年・浦和学院)との投手戦で完投しながら0-1で敗れ、再び小島との投げ合いに「負けられない。気持ちで押した」と腕を振り、伸びのある直球に加え、カーブなどを巧みに配して六回途中まで1失点と好投した。六回には左前適時打を放ち、171センチの細身の体で勝利に大きく貢献した。

最終更新:5/16(火) 18:29

毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 8:25