ここから本文です

セイロガン発の音楽レーベル設立、“効く”音楽が完成

BARKS 5/16(火) 12:51配信

胃腸薬「セイロガン」発の音楽レーベル「SEIROGAN UTILITY RECORDS」の立ち上げが発表された。

◆ジャケット画像/参加クリエイター画像

大幸薬品株式会社による「SEIROGAN UTILITY RECORDS」は、お腹のトラブルの原因となる精神的プレッシャーを跳ね除け、音楽の力で“自身の能力を最大限発揮してほしい”という思いから生まれた音楽レーベル。

理学博士・和合治久監修のもと、4人の音楽クリエイターとコラボレーションして、セイロガンのCMでもお馴染みのラッパのメロディをリミックスした“医学的に効く”楽曲を制作。お腹のトラブルで失われると言われる6分32秒(※平均)の「ポジティブになる音楽」「緊張をほぐす音楽」「集中する音楽」「やる気が出る音楽」「イライラをなくす音楽」が完成した。特設サイトでは全曲の試聴が可能で、5月15日~6月14日までの1ヶ月間限定で無料ダウンロードも実施中。

なお、製薬会社による音楽レーベルは世界初とのこと。

※平均6分32秒:お腹を壊した(下痢・軟便など)際、1回のトイレにかかる時間(大幸薬品株式会社調べ)

■音楽監修
和合 治久 (わごう・はるひさ)

■トラックメイカー
TRACK01 ポジティブになる音楽:EVISBEATSとMICHEL☆PUNCH
TRACK02 緊張をほぐす音楽:やけのはら
TRACK03 集中する音楽:Kan Sano
TRACK04 やる気が出る音楽:PandaBoY

最終更新:5/16(火) 12:51

BARKS