ここから本文です

稀勢 初白星!照ノ富士落下直撃も余裕?「気が紛れた」

スポニチアネックス 5/16(火) 6:01配信

 ◇大相撲夏場所2日目(2017年5月15日 両国国技館)

 アクシデントをものともせず、横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が初勝利を挙げた。平幕の隠岐の海(31=八角部屋)に浅いもろ差しを許しながら、左上腕付近を痛めている和製横綱は左からおっつけて巻き替え、左でかいなを返して寄り切った。2番前の取組では押し出された大関・照ノ富士(25=伊勢ケ浜部屋)が落下してきて苦悶(くもん)の表情を浮かべたが、土俵上ではきっちり結果を出した。

 横綱2場所目で初めての東京場所。国技館1勝を挙げた稀勢の里には館内から大きな拍手が送られた。黒星発進にも気持ちが揺れることはなかった。「また仕切り直ししてやるだけ。昨日は昨日」。一日一番、集中して土俵に上がることを信条とする横綱は、その言葉通りに気持ちを切り替えて土俵に上がり、堂々と相撲を取りきった。

 春場所で痛めた左上腕付近は分厚いテーピングが欠かせない。初日はその左をおっつけられると何もできなかった。不安の残る敗戦から一夜、隠岐の海戦は前日とは別人のような攻めを見せた。浅いもろ差しを許したが劣勢を打開したのは、左からの攻めだった。脇を締めておっつけ、巻き替えて左をねじ込んだ。さらにかいなを返して前進。体をうまく寄せて寄り切った。

 左からおっつけた感覚は「いつも通り。問題ない」と違和感はない。かいなの返しには「いいんじゃないか」と手応えがあった。先場所から9番目となった平幕との対戦で、またしても金星は許さなかった。対戦相手の隠岐の海は「ベストじゃないと思うけど力強い。もろ差しになった瞬間、勝ったと思ったが、タイミングよくおっつけが来た」と脱帽した。

 予期せぬアクシデントすら楽しむ余裕があった。土俵下の控えで見ていた照ノ富士―玉鷲戦で、187キロの照ノ富士が目の前に落下してきた。痛めている左上腕付近を直撃し、左足も踏まれる形となった。激痛が走ったようで、しばらくは顔をしかめた。だが、白星を挙げて戻ってきた支度部屋では「(土俵下にいれば)いろいろあるんじゃないか。(落下してきたことで)気が紛れた」と話して報道陣を笑わせるなど、余裕すら漂わせた。

 この日の横綱土俵入りは、初日の1分36秒より8秒も短い1分28秒。横綱という地位を含めて「慣れはない」という。東の支度部屋の一番奥に座ることになり、見える景色は「やっぱり違う」とも感じている。ただ「やることは変わらない。気負うこともない」と目指す相撲道は変わることがなく「集中してやれている」と話した。

 初日から2連敗で優勝した力士はいないが、連敗を阻止したことで初優勝からの3連覇、新横綱からの連覇のチャンスは残った。横綱・鶴竜が連敗するなど荒れ模様の土俵を、わずか1日で立て直してきた和製横綱が締めていく。

最終更新:5/17(水) 1:44

スポニチアネックス