ここから本文です

風評被害一掃へ連携=五輪相と復興相が会談

時事通信 5/16(火) 15:05配信

 丸川珠代五輪担当相は16日、吉野正芳復興相と内閣府で会談した。

 吉野氏は、五輪会場で提供される食材に必要な国際認証を取得するプロジェクトを福島県が始めたことを紹介。「選手に食べていただき、風評を吹き飛ばしたい」と訴えた。丸川氏も「風評被害の払拭(ふっしょく)のために五輪・パラリンピックの機会はぜひとも利用したい」と応じ、連携を約束した。

 東日本大震災の被災地域を回る案が検討されている聖火リレーも話題となり、吉野氏は、旧国立競技場の聖火台を借りている宮城県石巻市からスタートするよう要望した。仮設施設整備費の全額を東京都が負担することについては「一安心だ」と述べ、近く小池百合子都知事とも面会して復興五輪へ協力を取り付ける考えを示した。 

最終更新:5/16(火) 15:28

時事通信