ここから本文です

浜松・細江町にイタリア料理店が移転リニューアル スパゲティの可能性を追求 /静岡

みんなの経済新聞ネットワーク 5/16(火) 20:25配信

 浜松・細江町気賀に4月20日、イタリア料理店「Spaghetti Speciale gigio(スパゲティ スペチアーレ ジージョ)」(浜松市北区細江町気賀、TEL 053-415-8979)が移転リニューアルオープンした。(浜松経済新聞)

 店主の太箸匡伸さんは、海外での修業や公邸料理人としての経験もあり、中区高丘で21年間、イタリア料理店「TRATTORIA GIGIO(トラットリア・ジージョ)」を営んできた。かねて浜名湖周辺で店を持ちたいという考えと、スパゲティの可能性の追求をしたいという強い思いがあった。思い描いていたような物件を奥浜名湖の同地に見つけたことで、スパゲティへのこだわりから店名を改名し、移転リニューアルオープンにこぎ着けた。

 店舗面積は約30坪。席数は、カウンター4席、テーブル10席、個室4席、テラス6席の計24席。店内は時間がゆっくりと流れるような落ち着いた雰囲気。太箸さんは「テラス席で奥浜名湖の自然を感じながら時間を忘れてくつろいでいただきたい」とと話す。

 通常のランチメニューは、「スパゲッティポモドーロ(トマトソース)」(1,404円)、「カルボナーラgigio風」(1,620円)、「渡りガニトマトクリームgigio風」(1,782円)などのパスタ6種類をそろえる。リニューアルに伴い、「三ヶ日牛ローストビーフたっぷりスパゲティ奥浜名湖風」(2,484円)や「静岡県産伊勢海老を添えた静岡スペシャル漁師風」(3,132円)など9品を新たにスペシャルパスタランチメニューとして用意する。

 地産地消にこだわり、地元の新鮮な食材を使う同店。やさしい自然な味の品を提供しているという。ディナーは来店客の予算に合わせたコース料理を用意。(5,400円~)。ドリンクにはスマトラ産「マンデリンコーヒー豆」を自家焙煎した「文学座珈琲」(540円)や、予算に合わせたワインなどのアルコールもそろえる。

 「一人で来店しても、料理でくつろいでいただきたい」と太箸さん。 「ここにしかない料理を求めて、遠方からでも来店してくれるように最高のスパゲティを提供したい」と意気込む。

 営業時間は9時~ラスト。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】

最終更新:5/16(火) 20:25

みんなの経済新聞ネットワーク