ここから本文です

国民投票、国政選と分離を=民維社―憲法改正

時事通信 5/16(火) 15:11配信

 民進党の大串博志政調会長は16日の記者会見で、憲法改正の国民投票と国政選挙を同時に実施することについて、「憲法改正は非常に大きな論点となる。国民が心静かに内容を受け止め、考え、投票できる環境であることが望ましい。憲法改正を政治上の具に供するようなことはふさわしくない」と否定的な考えを示した。

 
 改憲を目指す日本維新の会の馬場伸幸幹事長も会見で「選挙に勝つために(改憲反対派が)あからさまなネガティブキャンペーンを行うことも考えられる」と指摘し、同日実施は「好ましくない」と表明。社民党の又市征治幹事長も「邪道だ。国の基本法を改正しようというのであれば、それ一本でしっかりと国民的な論議を深める中で投票を迎えるべきだ」と反対を唱えた。 

最終更新:5/16(火) 15:23

時事通信