ここから本文です

芳根京子主演作「わさび」、LAの映画祭で最優秀短編映画賞に輝く

映画ナタリー 5/16(火) 18:18配信

芳根京子が主演を務めた短編映画「わさび」が、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたロサンゼルス日本映画祭 2017にて、最優秀短編映画賞に輝いた。

【写真】「わさび」ポスタービジュアル(他7枚)

今年で12回目を数える同映画祭は、日本とロサンゼルスの文化交流を目的として行われるもの。監督、脚本、製作を兼任した外山文治は「日本での公開の前に、素敵な報告を頂きましたこと嬉しく思います。日常から溢れ落ちてしまうようなテーマを扱った本作を、しっかりと掬ってくださった方々に心より感謝します」と受賞の喜びを語った。

「わさび」は、心の病を抱えた父のため実家の寿司屋を継ごうとする女子高生・山野葵を軸とする物語。本作は吉行和子主演の短編映画「春なれや」とともに、8月26日より東京・ユーロスペースで2週間限定上映される。



(c)外山文治

最終更新:5/16(火) 18:18

映画ナタリー