ここから本文です

不明機の4人全員死亡=山中に機体、大破―北海道北斗市・防衛省

時事通信 5/16(火) 16:30配信

 陸上自衛隊北部方面航空隊所属の連絡偵察機LR2が北海道の上空で消息を絶った事故で、防衛省は16日、北斗市の袴腰山東側の山中で大破した同機の機体を発見した。

〔写真特集〕自衛隊機、消息絶ち大破~搭乗の4人死亡を確認~

 搭乗していた陸自隊員4人全員も発見、救助したが、いずれも死亡が確認された。陸自は同日、事故調査委員会を設置した。

 防衛省などによると、道警と消防などの捜索隊と航空自衛隊のヘリコプターが同日午前、山頂から東に約3キロの山中付近で、機体らしき破片を確認。塗装などから同機と断定した。近くを捜索していた陸自隊員らが同日午後、陸自の服装の4人を相次いで発見した。

 現場は斜面で、空港へ着陸するルートの延長線上だった。広範囲に破片が散乱し、辺りの樹木がなぎ倒されていた。

 同省によると、死亡したのは機長の高宮城効1等陸尉(53)、副操縦士柳田智徳3等陸佐(41)、整備員岡谷隆正2等陸曹(42)、同玉木宏伸3等陸曹(28)。

 同機は15日、容体が急変した函館市内の入院患者を搬送するため、札幌丘珠空港から函館空港へ計器飛行をしていた。着陸寸前の午前11時47分ごろ、「高度3500フィート(約1000メートル)を維持し滑走路へ進入を」という管制官の指示に「了解」と応答したのを最後に、突然通信が途絶えた。1分後には約900メートルまで高度を下げ、レーダーから機影が消えた。

 交信では、機体故障などの異常は伝えられず、遭難信号の発信もなかった。フライトレコーダーは電気系統の故障のため取り外されていたが、ボイスレコーダーを積んでおり、回収を急ぐ。

 道によると、患者は心疾患のある50代男性で、15日中に救急車で札幌医科大病院に搬送された。

 稲田朋美防衛相は16日、記者団の取材に「隊員の命が失われ痛恨の極み。どういう状況で事故が発生したか調べ、再発防止策を講じるよう指示した」と語った。記者会見した河野克俊統合幕僚長は「(墜落か否か)現時点で言うのは適切ではない。事故調査委員会の結果を待つ」とした。 

最終更新:5/17(水) 0:18

時事通信